グローバルナビゲーション

企業情報

本業の情報伝達で、社会を豊かに。

私たちの本業を支える「視覚」に障害がある方の不便を少しでも解決したい。
後の世に語り継ぐべき地域の文化にスポットを当てたい。
そんな想いからGAのボランティア出版が生まれ、それぞれ20年以上継続しています。

かたりべ文庫

■かたりべ文庫
発行期間/年1回

「かたりべ文庫」は、印刷技術を通して地域社会にささやかでも貢献したいとの願いをこめ、株式会社ゼネラルアサヒのボランティア出版事業として平成1年(1989)に発足しました。
以来、毎年1回、今日まで20年以上にわたって継続発行しています。「人」を通して、九州の歴史、伝統文化、芸術、海外交流などさまざまな分野を「かたり部」として本に記録し、次代へ残していくことを目的としています。
平成21年からは「職人の手仕事」というテーマで、現代の私たちが忘れてはいけない職人の手仕事のすばらしさにに学び、記録し、伝えていきます。

かたりべ文庫特設サイト
点字カレンダー

■点字カレンダー
発行期間/年1回

私たちの事業は、印刷をはじめ多くは「視覚」に支えられています。その意味では目の不自由な方々とは距離があり、本業を通して何とか視覚障害者の方々のお役に立てないかと模索した結果が「点字カレンダー」でした。
これまでも点字のカレンダーはありましたが、数字と文字の羅列だけで、1ヶ月の構造を理解するだけでもひと苦労されていました。そこで、一般のカレンダー同様、曜日の構造が触って分かり、あわせて様々な事物の輪郭を触知できるカレンダーを印刷技術で開発し、健常者も一緒に楽しみながら使えるカレンダーを作成しました。

1991年、「1992年度版花のカレンダー」を製作。点字図書館や盲学校をはじめ個人の方にも無償配布をスタートしました。以来、様々なテーマで目の不自由な方々とコミュニケーションを続けています。


ページのトップへ