お問い合わせはこちら
オンラインミーティングも受付中

企業紹介動画が必要な理由や作成方法について解説!【担当者必見】

多くの企業が採用している企業紹介動画ですが、「何となくあった方が良い」という認識の方も多いのではないでしょうか。企業紹介動画の必要性や効果などを具体的にわかっていないと、作成しても求めていた効果を発揮しない可能性があります。

そこで今回は企業紹介動画がなぜ必要なのか?、企業紹介動画を作るとどのようなメリットがあるのか?について作成の方法と合わせて解説します。

企業紹介動画の必要性

企業紹介動画は、ユーザーの自社に対する認知度拡大と自社製品への興味をひきつけるための重要なコンテンツです。
たとえばコーポレートサイトに、自社コンセプトや経営理念などを文字だけで紹介したとします。これを難しく抽象的な言葉で表現しても、読者にはイメージが伝わりにくいでしょう。とはいえ簡単な言葉で表すと自社のイメージと逸れてしまうことも考えられます。一方で、企業紹介動画は言葉(音声)と動画を同時に組み合わせるため文字を読むよりも想像力を必要とせず、手軽な情報獲得が可能です。

「自社のことをもっと知ってほしい」「自社を正しく理解してほしい」と願う企業にとって、企業紹介動画は今やなくてはならないコンテンツだといえるでしょう。

企業紹介動画の効果とは

企業紹介動画の効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

動画では、静止画よりも多くの情報を発信することができます。アメリカの調査会社「Forrester Research」によると、1分間の動画は180万文字のテキストと同等の情報量だそうです。この量はおよそ一般的な文庫本(10万文字前後)の18冊分にあたります。

短時間で多くの情報を伝えられる動画は、自社のイメージや企業理念を視聴者にわかりやすく示すことができます。例えば、映像にポップなBGMを加えて企業の明るい雰囲気を伝えるなどです。

さらに作成した動画は、自社サイトだけでなく店頭や展示会などさまざまなシーンで活用できます。魅力的な企業紹介動画がSNSで拡散されることも珍しくありません。

このように、企業紹介動画はユーザーに自分たちが何をしているのか、どのようなものを届けたいと思っているのかを、文章よりもわかりやすく的確に伝えるのに効果的です。

企業紹介動画のメリット

企業紹介動画の作成は、簡単なものではありません。手間も時間もそれなりにかかりますが、それでも多くの企業が企業紹介動画に踏み出す理由は、企業紹介動画の豊富なメリットにあります。

会社の雰囲気を伝えることができる。

企業にはそれぞれの雰囲気があります。たとえば親しみやすい会社や厳格な会社、顧客ファーストな会社などです。

これらの雰囲気を文章だけで説明しようとしても塩梅が難しく、たとえば親しみやすい会社を表現しようとした文章では「距離が近すぎる」「親しみやすいといっているのに、ずいぶんよそよそしく感じる」といったように、受け取る側によって言葉から連想するイメージに差が出てしまいます。

一方、動画であれば音楽や視覚効果によってイメージの差異が生まれにくくなります。自社の雰囲気を的確に表現できるのは、動画ならではのメリットだといえるでしょう。

本当の姿をアピールすることができる。

企業の「本当の姿」は、文章だけではイメージしづらく、じっくり読まれないことも多いです。
文章で「自社の製品は従業員たちが心を込めて作っています」と書いただけでは、響きにくいでしょう。

動画であれば従業員の表情や行動、言葉をありのままに伝えることができます。そのため、その企業で働く人たちがどのような人なのか、彼らがどのようにしてものを作るのか、現場はどのような雰囲気でどんな作業をしているなど、自社の本当の姿をわかりやすく伝えられます。

顧客にとって提供されるサービスが生まれる手順や作り手の姿が明確にわかるのは、企業への安心と信頼に繋がるでしょう。

多くの情報を伝えることができる。

先述のとおり、動画は短い時間で多くの情報を伝えることができます。言葉では説明しづらい抽象的な部分や概念なども、画像を用いることで受け入れてもらいやすくなり理解度も高まります。さらにBGMによる効果で、より企業の雰囲気を伝えられるでしょう。

企業理念や概念などをユーザーに理解してほしいがために、画面が真っ黒になるほどの文字数を掲載しているサイトも少なくありません。しかしこれでは読者の心理的ハードルが高くなり、せっかく書いても読んでもらえない可能性が考えられます。

企業紹介動画の作成方法とは?

いざ企業紹介動画を作成しようとしたものの、どこから始めたら良いのかわからない担当者の方もいるのではないでしょうか。

企業動画を作成するうえで重要なのは、「ターゲット」「使用用途」「演出」です。
ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ターゲットを明確にする

企業紹介に限らず、動画を作成する際にはターゲットを決める必要があります。ターゲットが明確になっていないと動画の主張がぼやけてしまい、見ている側に何の印象も残せなくなります。

さらに、ターゲットの目に留まるためには動画の掲載先についても考える必要があります。ターゲット層が集まりやすい媒体を選び、その中でもターゲットに刺さるような内容を目指しましょう。

使用用途を決める

動画の使用用途を決めるのも企業紹介動画の作成において欠かせません。

まずはなぜ動画を作成するのかについてよく考えてみましょう。自社の認知度を向上させたいのか、製品の売り上げアップが目的なのかなど、用途によって作成する動画の指針が変わります。

動画を見た人にどんな反応をしてもらいたいのか、ターゲットのコンバーションまで決めたうえで動画作成を始めましょう。

社内に相応しい演出をする

企業紹介動画で大切なのは、自社や製品を正しく理解してもらうことです。
動画内容と自社のイメージに差異がありすぎると視聴者は困惑し、自社や製品に対して誤ったイメージを持つ可能性が高くなります。

社内のイメージと合った動画を作成するためには、作成者自身が自社イメージを確実に把握することが大切です。

企業紹介動画作成の際は、専門家に依頼する事がおすすめ!

企業紹介動画の作成を自社でおこなうケースも少なくありません。
しかし自社制作の動画は演出やカメラワークなどが単調になりやすく、ユーザーをひきつけることが難しいという課題もあります。

自社に動画作成の経験者がいたとしても、業務の合間に素材探しや編集をする必要があります。その結果、動画作成期間は他の業務に影響がでる可能性があります。
このように自社制作で予算をおさえたものの、納得のいく仕上がりにならず求めていた効果が得られなかったり、他業務に影響が出たりすることは珍しくありません。

そこで企業紹介動画の作成を専門家に依頼をすれば、イメージ通りの映像ができるだけでなく従業員の負担も減ります。自社制作より予算がかかるものの、質の高い動画を作成できて他業務への影響も最小限に抑えられるのであれば、賢い選択といえるでしょう。

まとめ

企業紹介動画の役割はユーザーに企業のイメージを正しく持ってもらうこと、さらには自社製品に関心を持ってもらうことです。作成のポイントをおさえることで、より高い効果が期待できます。必要であれば専門家への依頼も検討し、ユーザーに刺さる動画を目指しましょう。

当社ゼネラルアサヒでも、企業紹介動画の作成を承っております。
何かわからないことや企業の動画制作についてのお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

Contact

ご相談はカンタン。
「だれに」「何を伝えて」
「どう感じて」「どう動いて」ほしいか?
を教えてください。