お問い合わせはこちら
オンラインミーティングも受付中

【ライブ配信徹底解説】リアルタイムで情報を伝える魅力や注意点について

ライブ配信は、編集された動画や画像とは違って配信者の存在を身近に感じられるのが特徴です。
最近では人気のインフルエンサーやYouTuberだけでなく、企業や著名人もライブ配信をおこなっています。しかし、いくら有名人によるライブ配信や事前に話題になっていたライブ配信であっても、必ず成功するとは言い切れません。
そこでここでは、ライブ配信を成功させるためのポイントや制作に欠かせない要素、ライブ配信が人気の理由などについてご紹介します。

ライブ配信とは

ライブ配信とは、撮影した動画をリアルタイムでユーザーに配信するサービスです。リアルタイムならではの臨場感や、配信者と1対1で向き合うような近い距離感が人気の理由のひとつだと考えられます。
ライブ配信はインターネットに接続したデバイスさえあれば、配信・視聴ができます。その手軽さから、今では幅広い年代の日常にライブ配信が根付いてきています。それだけでなく、企業にとってもライブ配信はPR効果の高いプラットフォームです。

なぜ、ライブ配信が注目されるの?

米国core dna社の2020年5月に発表された調査によると、企業のマーケティング方法の1位がブログ、2位が動画配信となっています。ここから、今では動画が企業のマーケティングにおいて欠かせない存在であることがわかります。ライブ配信は今後ますます注目されると予想できるでしょう。

ライブ配信はどのような場面で使われる?

前述のとおりライブ配信は、ライブ配信サービスのアカウントとインターネットに繋がるデバイスさえ持っていれば、配信・視聴が可能です。では、どのようなシーンでライブ配信が使われるのでしょうか。個人と企業の場合、それぞれ見ていきましょう。

個人

個人の場合、InstagramやYoutubeで配信をおこなうケースが多いです。普段の投稿によってすでにコアなファンができている配信者は、彼らに向けた配信も行っています。
画像や編集済みの動画では味わえない臨場感や距離の近さをファンに提供するのが、個人のライブ配信の大きな目的だと考えられます。

またYoutubeやLINEでのライブ動画は、ユーザーが配信者に課金できるシステムがあります。
ユーザーが配信者に料金を支払うことで、配信者が何かしらの反応をくれたりリクエストに答えてくれたりする仕組みになっていることもあります。

企業活動

企業がライブ配信をおこなう場面のひとつとして挙げられるのが、展示会です。

ライブ配信の展覧会はリアルで開催するのと比べ、場所に縛りがなく日時も自由度が高いという特徴があります。インターネット環境があれば、幅広い年齢層や時差のある国からも集客が可能です。展示会とあわせて、オンラインセミナーや新商品のPRなどが行われることも多くあります。 編集済みの動画はいつでも見られるという大きなメリットがある反面、ユーザーの疑問や要望にリアルタイムで答えられないというデメリットも。例えば新商品のPR動画を視聴したユーザーに疑問や不安が残されていた場合、すぐに対応できないことで購買意欲が低下してしまうケースもあるでしょう。一方ライブ配信であれば、その場で質疑応答ができます。それにより製品に対する不安がなくなり、購買意欲向上が見込め機会損失の減少が期待できます。

そのほかにも企業説明会や講演会などをライブ配信でおこなうことも多く、企業のライブ配信の利用場面は多岐にわたります。

ライブ配信に必要な要素や欠かせない要素とは

ライブ配信をするにあたり忘れてはいけないのが、「ライブ配信をする目的」です。
なぜリアルタイムのライブ配信を選ぶ必要があるのかを把握しておきましょう。
ユーザーとの距離を近づけるためのライブ配信であれば、事前にどのような内容を話すのか、どうすればユーザーが飽きずに見てくれるのかなどについてファン層に合った企画を考える必要があります。
企業が商品PRをおこなうためのライブ配信であれば、商品を魅力的に見せるための演出や、質問に滞りなく答えるための商品知識などについても留意が必要です。さらに、ライブ配信を視聴した後のユーザーにどのような行動をして欲しいのかも考えておきましょう。

ライブ配信は沈黙が発生するとユーザーが離れやすくなります。一定のクオリティを保持しつつ、ユーザーをひきつけて飽きさせない工夫を事前に計画することから始めましょう。

ライブ配信のメリットとは

ライブ配信には、一般的に下記のようなメリットがあります。

  • ・会場型のイベントにくらべ会場のレンタルや道具や機器の搬入、チケットや資料の印刷代などがかからずコストを抑えられる
  • ・自宅で閲覧が可能なため、場所や天候によって集客数が左右されない
  • ・ユーザーとの距離が縮めやすい

開催コストが抑えられ、それでいてファンがつきやすいことがライブ配信の大きなメリットです。動画配信や画像投稿だけでは限界を感じている方や、費用を抑えて発信をしたい方にとって有効だといえるでしょう。

コストの削減や天候・場所に左右されない集客、ユーザーとの近い距離感などは、企業のオンラインセミナー・新商品PRにおいても活かされます。リアルタイムでの情報提供によって顧客の「今」気になる疑問を解決できれば、早い段階での購買意欲向上に繋がるでしょう。

ライブ配信における無料サービスと有料サービスは何が違う?

ライブ配信システムには無料サービスと有料サービスがあります。
「費用をかけたくない」という考えから無料サービスを選ぶ方もいますが、配信の目的によっては有料を選んだ方が良いケースがあります。
無料サービスは、幅広い層に閲覧してもらうのに適しているオープンな動画を制作でき、費用をかけないで済む点がメリットです。しかし安全面においてのリスクもあり、動画のコピーや無断転載・引用が発生する可能性はゼロではありません。関係のない広告が視聴の邪魔になるといったことも珍しくないでしょう。
また、動画配信における技術サポートが充実していないため、知識がないとクオリティの低い仕上がりになりがちです。

一方、有料サービスでは広告表示の有無や広告主の選定などができるため、ユーザーが配信に集中しやすい環境を作れます。そのほかにもサービスの専門スタッフが動画を監視しているケースが多いため、配信中にトラブルが発生した場合にも配信側にかかる対応の手間は少ないといえます。
さらに有料サービスでは動画のコピーを制御している場合が多く、配信した動画の無断転載・引用などにもある程度対策できます。社員や身内にだけ公開したいといったクローズドな配信も、有料サービスを活用した方が情報漏洩の危険性は低いと言えるでしょう。
また配信時間の長さに制限がないケースが多いことや有料会員しか配信できない動画ジャンルがあるのも有料サービスならではです。

このように無料サービスでは得られないメリットが有料サービスにはあります。しかし、視聴者層によっては有料サービスを利用していないケースも考えられます。企業のターゲット層がインターネットや動画に関心がない場合、有料サービスを利用している可能性は低いといえるでしょう。
ライブ配信で何を届けたいのかやユーザーのペルソナ、配信のクオリティなどから有料を選択する必要があるのかを検討しましょう。

大事なイベントこそ、専門家の助言が必要

ライブ配信は、ここぞという時におこなう大事なイベントです。普段の画像や編集動画とは違うため、ユーザーも注目し期待が高まっているでしょう。成功をおさめてユーザーに満足をしてもらうためには、事前準備や配信計画の道筋をたてることが大切です。

その道筋にずれを生じさせないために必要なのが「専門家の助言」です。数多くの動画制作を行ってきたプロや先人の意見から、ライブ配信成功のための企画や動画の撮影方法などが見えてきます。

ライブ内容以外に、会場準備やネットワーク整備等やる事はたくさんある

ライブ配信では「話すテンポ」、「音量の大きさ」、「会場の見せ方」、「安定したネットワーク環境」など、慣れていないと正解がわからないポイントが多くあります。これらの準備を滞りなくおこなうことでクオリティの高いライブ配信を実現できます。

しかし企画や撮影すべてを社内や個人だけでおこなうのは手間と時間がかかるものです。そこで、動画の作成をおこなうプロに依頼をすることで工程数の削減と品質向上が叶い、競合と差をつけられます。

GAのライブ配信サービスのご紹介

ゼネラルアサヒでは、ライブ配信サービスを行っています。自社や個人では難しいライブ配信も、動画制作の実績が豊富なゼネラルアサヒなら安定した高品質なライブ配信の実施が可能です。

ライブ配信ご支援の流れ

ゼネラルアサヒが提供するライブ配信サービスは、ただ動画を撮影・配信して終了というものではありません。事前に綿密な打ち合わせをし、どのような内容を誰に届け、ユーザーにどのような行動をして欲しいのか、共通認識をもちます。
その後、目的に合った台本作成や演出も承ります。必要であればロケハン、SNSを活用した集客支援や会場確保の手配、MC手配などもお任せください。

撮影は高品質な映像と音響の提供が可能な機材を用いておこないます。ハイクオリティな映像は視聴ユーザーをひきつけ、競合と差をつけるのに効果的です。

さらに、配信後はアクセス分析をおこない今後の配信計画のご提案も行います。はじめてライブ配信をおこなう方、またはこれまでライブ配信をしていたけど思ったような成果が挙げられていない方など、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

ライブ配信は、ユーザーとの距離が縮まることや場所や日時、天候を選ばず楽しんでもらえるというメリットがあります。そのぶん編集動画や画像に比べて準備に手間がかかり、未経験者が初回で成功させるのは難しくなります。慣れないライブ配信で失敗をしないためには、プロの力に頼るのも選択のひとつです。プロの知恵や意見、経験を借りて、ライブ配信を成功させましょう。

Contact

ご相談はカンタン。
「だれに」「何を伝えて」
「どう感じて」「どう動いて」ほしいか?
を教えてください。