COLUMNコラム

【保存版】オンデマンド配信とは?ライブ配信との違いや選び方を解説!

動画を配信する代表的な方法として、オンデマンド配信やライブ配信が挙げられます。しかしそれぞれの配信方法にどのような違いがあるのか、どちらを選べば良いのかがわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、オンデマンド配信の概要やライブ配信との違い、選び方などについてご紹介します。

オンデマンド配信とは?

オンデマンドは「要求に応じて」という意味をもつ言葉で、「視聴者が観たいと思ったタイミングで、視聴者のリクエストに従って動画を配信するスタイル」をオンデマンド配信と呼びます。 例えばYouTubeのような動画共有サイトの動画は、視聴者が各々の好きなタイミングで再生して視聴できます。このような配信方法はオンデマンド配信にあたります。

オンデマンド配信の仕組み

オンデマンド配信は、事前に投稿者がエンコード(動画を圧縮処理)した配信用の動画を、Webサイトや動画共有サイト、SNSなど動画配信ページを管轄するサーバーに保存するという仕組みになっています。その後動画のURLリンクを視聴者に視聴してもらいたいWebページに掲載しておくことで、視聴の準備が整います。Webページにアクセスした視聴者はページ内に埋め込まれている動画再生用のリンクをクリックするだけで、簡単に動画を視聴できます。

「ストリーミング配信」の一種であるオンデマンド配信では、動画ファイルのダウンロードと再生を同時に行います。そのため、原則インターネットに接続できない場所では視聴できないという特徴があります。一方で、インターネットに接続してダウンロードした動画を自身の端末で再生する方法は「プログレッシブダウンロード配信」と呼ばれます。

ライブ配信サービスとの違い

オンデマンド配信とライブ配信サービスは似たような言葉ですが、それぞれ配信のスタイルが異なります。具体的には、オンデマンド配信とライブ配信には「映像を編集できるか否か」「視聴者とのコミュニケーションをリアルタイムではかれるか」の2点において違いがあります。

オンデマンド配信では配信用の動画を事前に撮影するため、映像を編集することが可能です。撮影した映像に不備や不足している要素があっても、配信までに時間があれば追加の素材を用意できるでしょう。
一方で、ライブ配信はリアルタイムでの配信となるため映像の編集はできません。配信中に撮影する映像がそのまま視聴者に提供されるため、基本的にやり直しはきかないということになります。

視聴者とのコミュニケーションという観点で見ると、事前に撮影するオンデマンド配信ではリアルタイムで視聴者とコミュニケーションをはかることはできません。一方でライブ配信では撮影と同時に視聴されるため、チャットやコメント機能などを使ってリアルタイムで配信側と視聴者側がコミュニケーションをはかることができます。

オンデマンド配信のメリット・デメリット

オンデマンド配信にはメリットとデメリットのどちらも存在するため、双方の側面を理解した上で配信の準備を進めることが大切です。

オンデマンド配信のメリット

配信側のオンデマンド配信のメリットとしては、「何度でも撮り直しができる」「動画を編集してクオリティアップをはかれる」「視聴者に長期的に動画を視聴してもらえる」の3点があります。

ライブ配信は配信中に撮影した映像がそのまま流れるため、進行がうまくいかないなどの理由で理想的な映像を撮影できないと、クオリティの低い配信になってしまうリスクがあります。
しかしオンデマンド配信なら納得がいくまで再撮影できるため、仕上がりの追求には向いています。さらに動画を編集できるため、テロップや音声などを駆使して動画のクオリティアップも可能です。

加えてオンデマンド配信では、配信者が削除しない限り一度配信した動画がWeb上に残り続けるため、長期的に動画を視聴してもらえます。ライブ配信はアーカイブを残さない限り一回きりの配信なとなるため、この点もオンデマンド配信のメリットといえるでしょう。

視聴者視点では、「好きなタイミングで動画を視聴できる」「見逃した部分を巻き戻せる」「再視聴が可能」などが主なオンデマンド配信のメリットです。

ライブ配信は配信側が指定した配信時間に合わせて視聴する必要があるため、視聴者側の予定が合わなければ視聴が難しいという問題があります。しかしオンデマンド配信ならいつでも都合の良い時間に視聴でき、見逃した部分があってもすぐに巻き戻して確認することが可能です。気に入った動画は何度でも繰り返し視聴できるなど、視聴者にとってもオンデマンド配信のメリットは数多くあります。

オンデマンド配信のデメリット

オンデマンド配信のデメリットは、「視聴者とコミュニケーションが取りにくい」「配信までに時間がかかる」の2点です。

オンデマンド配信においてもコメント機能などで視聴者とやり取りができますが、リアルタイムで多くの視聴者とコミュニケーションをはかれるライブ配信と比較すると盛り上がりに欠ける面があります。加えて、クオリティを追及できるのがオンデマンド配信のメリットではありますが、その分配信までに準備時間がかかり工数が嵩みやすいというデメリットもあります。

自社に適する配信方法の考え方

オンデマンド配信とライブ配信のどちらが適しているのかは、自社がどのような目的で動画を配信するのかによって異なります。ここでは、自社に適した配信方法の考え方を3つの観点からご紹介します。

双方向性

「視聴者とコミュニケーションをはかる必要があるか」によって、オンデマンド配信とライブ配信を使い分けるというのも考え方の一つです。
原則オンデマンド配信は一方通行の配信になるため、リアルタイムでのアンケートや質問等のやり取りを行いたいのであれば、双方向性をもつライブ配信の方が適しているでしょう。

動画配信の目的

配信目的によっても、オンデマンド配信かライブ配信かを検討することができます。
具体的には、オンデマンド配信は動画に加工を施したい場合や配信後にもユーザーが視聴できるようにしておきたいケースに適しており、ライブ配信はリアルタイムでユーザーとコミュニケーションをはかりたい場合に向いています。

配信においては、失敗をしないことと双方向コミュニケーションを意識して参加者の満足度を高めることが大切です。オンデマンド配信は事前に収録して編集を行えるため配信でのミスは少ないと考えられますが、参加者とのコミュニケーションについては工夫する必要があります。
一方でライブ配信はリアルタイムで参加者とのコミュニケーションを取りやすく、視聴者に寄り添った配信をしやすいですが、「一発勝負だ」というプレッシャーからミスが多くなりやすいでしょう。

これらの特徴を踏まえた上で実現したいイベントのゴールから適切な配信形式を選択し、場合によってはオンデマンド配信とライブ配信を組み合わせた「疑似ライブ配信」を検討しても良いでしょう。企画しているイベントごとに使える予算や得られる利益、準備にかけられる時間が異なるため、総合的に考慮して配信形式を選択することをおすすめします。

オンデマンド配信におすすめのツール

ここでは、オンデマンド配信を行うにあたっておすすめのツールを3つご紹介します。

BizLive

BizLiveは、「成果につながるライブ配信」を行えるライブ配信サービスです。機材の準備や設営、配信システムの用意、当日のオペレーションなど、配信にかかわる工程をサポートしてくれるため、自社は配信用の企画と当日の講演資料を用意するだけでライブ配信を実施できます。

BizLiveは画面演出のバリエーションも豊富なため、顧客に伝わりやすいライブ配信を仕上げることができます。加えて配信後は最短翌日までに配信結果のレポートが納品されることから、次回の配信や今後のマーケティング戦略に活用しやすい点も魅力といえるでしょう。

J-Stream Equipmedia

J-Stream Equipmediaは、外部システムとの連携機能が充実しているライブ配信サービスです。2,700アカウント以上の導入実績があり、大手企業の導入事例も豊富に有しています。

商品のプロモーションや社内広報、ECサイト、株主総会や動画広告などアイディア次第で多種多様な用途に活用でき、3ステップの作業で動画を配信できる手軽さも備わっています。さらに同社独自の負荷分散ネットワークが用意されており配信中のネットワークの混雑が緩和されることから、安定的に動画を配信しやすい点も嬉しいポイントです。

viaPlatz

viaPlatzは社内のノウハウの紹介や技術映像、説明会や研修会などの配信に適したライブ配信サービスです。社内業務のマニュアルや機材の使い方を社員向けに配信したり、説明会や研修動画を後から視聴できるように整備したりするなどの使い方に適しています。

さらにセキュリティ対策にも配慮されており、2段階認証によりセキュリティの強化がされているため安心して利用できます。加えて動画視聴後に理解度テストを実施することも可能なので、社員の理解を促進しやすいといえるでしょう。

オンデマンド配信・ライブ配信で迷っているなら、是非GAへ!

視聴者が都合の良いタイミングで動画を視聴できるオンデマンド配信は、納得がいくまで撮影を繰り返してクオリティアップをはかれる配信方法です。リアルタイムで撮影した映像を配信するライブ配信とはメリットやデメリットが異なるため、状況に応じてどちらを選択するか決めると良いでしょう。

オンデマンド配信とライブ配信のどちらを利用するか迷っている場合は、是非GAまでご相談ください。貴社のニーズをお伺いして、適切な配信方法をご提案いたします。

CONTACTお問い合わせ

ご相談はカンタン。
「だれに」「何を伝えて」「どう感じて」「どう動いて」ほしいか?
を教えてください。

お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ