COLUMNコラム

商品(製品)紹介動画を徹底解説します【BtoB企業担当者向け】

自社の商品やサービス、技術力などを動画で伝える「商品紹介動画」は、動画マーケティングが活発になってきている昨今、多くの企業で利用されるようになっています。
しかし、「商品紹介動画をどのように活用していけば良いのかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、商品紹介動画について制作のコツや事例動画などをご紹介します。

商品(製品)紹介動画の特徴

商品紹介動画とは自社の商品の特徴やメリット、使用感などを紹介する動画のことで、自社のブランディングや認知度向上、売上拡大などを目的として活用されるケースが多いです。
商品紹介動画には、主に次のような特徴があります。

伝達できる情報の量が多い

商品紹介動画には、テキストや静止画を活用した販促方法に比べて伝達できる情報の量が多いという特徴があります。Webサイトにテキストで商品の説明を記載したり、画像を使って商品の魅力を伝えたりするという戦略もよく用いられますが、動画に比べると表現できる情報量には限りがあります。

動画では「テキスト+映像」によって短い時間のなかに多くの情報を詰め込むことができるため、自社の伝えたいことを端的に表現しやすいのが魅力といえます。
基本的にテキストや画像は閲覧する側が能動的に情報を受け取りに行かなければなりませんが、動画は受動的に情報を得やすいという点も評価される理由のひとつです。

自社技術・魅力を伝えやすい

自社の技術や魅力を伝えやすい点も、商品紹介動画の特徴といえます。
自社の技術や魅力には様々な側面が考えられますが、例えば特徴的な動作をする商品の場合、画像で説明するよりも実際に動いている場面を見せながら解説したほうが情報が伝わりやすくなります。

商品の感想を利用者から募る場合も、テキストだけで「素晴らしい商品です」と書くよりも、利用者を動画に登場させて「とても使いやすく、これからも使い続けたいと思える商品です」と語ってもらうほうが説得力が強くなるでしょう。
このように、多様な表現ができる商品紹介動画では自社の技術や魅力をより伝えやすくなるという点で高い効果が見込めます。

様々な目的に対応している

商品紹介動画は、様々な目的に対応しているのが特徴的です。具体的には認知拡大、営業活動、既存顧客フォローなど、カスタマージャーニーの各フェーズで動画を活用することができます。

例えば認知拡大を目的として商品紹介動画を活用するなら、自社の商品をまだ認知していないターゲット層に、自社の商品やサービスの特徴を簡潔に伝える動画を発信する必要があると考えられます。
既存顧客のフォローを目的とする場合は、自社の商品やサービスをさらに効果的に利用する方法を発信することで顧客満足度が高まり、リピーター率が向上したり顧客離れを防止したりする効果が期待できます。

さらに、商品紹介動画を制作した後に、その動画を動画広告として様々なプラットフォームに配信するという二次利用的な使い方も可能です。

商品(製品)紹介動画制作のコツ

商品紹介動画を制作する際は、次の4つのポイントを意識することが大切です。

メッセージを絞る

「メッセージを絞る」ことは商品紹介動画の効果を高めるためにも重要で、「この動画では何を伝えたいのか」を十分に考慮し、動画を視聴するユーザーへのメッセージを絞り込むことが求められます。

伝えたいことを過剰に動画内に盛り込むとメッセージ性がブレてしまい、ターゲット層にリーチしにくい動画となりかねません。
動画を作り始めるとつい「多くの要素を入れたい」と考えてしまうかもしれませんが、「何を伝えたいのか」を明確に設定し、最適なメッセージングを心がけることで説得力の高い動画を作ることが可能になってきます。

ターゲットユーザーを具体的に想定する

「この動画は誰に視聴してもらうための動画なのか」を定めることも、商品紹介動画の効果を最大化するためには重要となります。ターゲットとなるユーザーを具体的に想定して動画を制作することは、前述のメッセージングの最適化にもつながります。

ターゲットユーザーを具体的に想定するためには、「自社の商品やサービスを求めているのはどのような人物なのか?」を十分に洗い出しておく必要があるといえます。
自社の商品やサービスを必要としている人に響く動画とはどのようなものなのかを検討することで、より具体的にターゲットユーザーが浮かび上がってくるでしょう。

適切な尺の長さを検討する

商品紹介動画を制作する際は、適切な尺の長さを検討する必要があります。あまりに長すぎる動画では最後まで視聴する気力をなくさせてしまい、自社が伝えたかったことが伝わり切らない可能性があるためです。

このことから、伝えたい内容を「テキスト+映像」で端的に伝え切るためにはどの程度の尺が必要になるのかを十分に検討した上で、動画を制作することが大切だといえます。長すぎると飽きられてしまいやすくなりますが、短すぎても言いたいことを全て含められない可能性があるため、適切な長さの見極めが肝心です。

利用シーンに合った編集

商品紹介動画には様々な活用方法があるとお伝えしてきましたが、利用シーンに合わせて編集方法を変えることも大切です。
例えば展示会で自社の商品やサービスを紹介する動画を流す場合、動画は営業目的に利用されることになります。この場合、展示会の来場者に自社商品の性能やサービスのメリットを端的に伝えて「使ってみたい」と思わせる必要があります。

動画を制作する上で「企画」は単なる作業過程のように思われがちですが、「どのような動画を作るか」を定める企画プロセスは、動画の効果を最大限に高める上で非常に重要になります。
ユーザーに興味をもってもらえる動画を制作するためには、編集作業のみを極めるのではなく動画制作者が事業を深く理解して、自社の商品やサービスの魅力を最大限に表現できる企画を打ち出すことが必要になります。

まとめ

商品(製品)紹介動画は、営業やブランディングなど利用シーンによって様々な使い方ができます。 商品の魅力や自社の技術力のアピールなど、目的に合わせて最適な尺と編集でメッセージ性の高い動画を制作することが大切です。

編集技術も重要ではありますが、商品(製品)紹介動画は企画力によって品質が大きく変動すると考えられます。GAでは実績の豊富なスタッフが企画から動画制作まで、さまざまな面からサポートいたします。「どのように企画すべきかわからない」などのお悩みを抱えている場合は、ぜひお気軽にご相談ください。 自社の商品やサービスの特徴、魅力を十分に理解した上で、最大限に魅力を引き出せるような動画を企画しましょう。

CONTACTお問い合わせ

ご相談はカンタン。
「だれに」「何を伝えて」「どう感じて」「どう動いて」ほしいか?
を教えてください。

お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ