お問い合わせはこちら
オンラインミーティングも受付中

【プロモーション動画】の重要性や作成時の注意点について!

動画は主流なエンターテイメントのひとつとなっている今、インターネット上には数多くの製品や企業のプロモーション動画が存在します。

さまざまな目的をもって作成するプロモーション動画ですが、現代においてユーザーの心に響く動画とはどんなものなのでしょうか。加えて、なぜプロモーション動画が現代においても重要視されているのでしょうか。
今回はプロモーション動画の重要性と、ユーザー獲得をしやすいプロモーション動画の作成のポイントについてご紹介します。

プロモーション動画ってなに?

プロモーション動画とは、企業や製品の宣伝のために作成された動画です。
「プロモーションビデオ」とも呼ばれており、その言葉から「ミュージシャンが発売する音楽に合わせたイメージビデオ」を連想する方も多いのではないでしょうか。

しかしプロモーション動画は音楽に限らず、ゲームや日用品、産業機械など、さまざまな製品に使われています。中でも実際に手に取って実物を確認できない製品において、プロモーション動画は効果的な宣伝方法です。

なぜなら、文字だけではイメージしにくい内容も視覚と聴覚に訴求できることで、魅力が伝わりやすくなるためです。
もちろん手に取れる製品でもプロモーション動画を活用することで実際に使用した際のメリットが想像されやすくなり、購買意欲の向上につながるといわれています。

加えて、プロモーション動画は企業や製品に付加価値を与えるのにも効果的です。一般的な例で言うと、たとえばプロモーション動画に人気タレントや役者を起用すれば、それだけで関心をもたれやすくなる傾向にあります。さらに、タレントのファンが企業を支持してくれる可能性も出てきます。

有名人を起用しなくても動画の内容が魅力的であれば話題になり、SNSで拡散される可能性も考えられます。SNSで人気が出てフォロワー数も増えれば宣伝力はさらに拡大し、今後のプロモーション動画も受け入れられやすくなるでしょう。
このように、プロモーション動画は宣伝以外にもブランディングや潜在顧客の発掘に役立ちます。

プロモーション動画はどこに使われる?

プロモーション動画が使われるシーンは、「企業の宣伝」と「製品のマーケティング」である場合が多いです。ここでは、この2つについて詳しくご紹介します。

企業の宣伝

企業のイメージや理念を伝えるためにプロモーション動画を作成する場合は、自社のブランディングと認知度拡大をはかることが大きな目的となります。

とくにオリジナリティのある動画は、自社のイメージをユーザーに伝えやすいといわれています。ユーザーが動画に共感して企業のファンになれば、製品にも関心を持ちやすくなるでしょう。加えて動画は音や映像で内容が認識でき、テキストよりも幅広い世代に受け入れられやすいため、認知度拡大にもつながります。

作成したプロモーション動画は、自社サイトだけでなく動画投稿サイトやイベント、店頭、人材採用といった多くのシーンで活用できる点でも大きなメリットとなります。

製品のマーケティング

「製品の良さを知ってもらいたい」「購買意欲を刺激したい」という場合にも、プロモーション動画は有効です。

たとえば、「製品の説明がテキストや写真でしか用意されておらず、情報が足りないために購入に踏み切れない」といった経験はありませんか?。製品のプロモーション動画では、テキストや写真だけでは分かりにくい細かな製品情報や使用イメージをしっかりとユーザーに伝えることができます。

さらに製品のスペックだけでなく発売までのストーリーを紹介することで、製品への信頼度がよりアップする傾向があります。ユーザーに安心感を与えることができれば、今後の別の製品購入の際にも、ブランドとして選択肢に加えてもらえるでしょう。

プロモーション動画作成時の注意項目

プロモーション動画を作成するにあたり、ぼんやりとしたイメージや計画のみで進めてしまうと、本来の役割を果たせない可能性が高くなります。
ここでは、プロモーション動画を成功させるためのポイントについてご紹介します。

作成目的を明確にする

まず大切なのは「プロモーション動画をなぜ作成するのか」を明確にすることです。プロモーション動画の目的が定まっていなければ、ターゲットもコンセプトもぼやけてしまいます。

たとえば自社の認知度拡大のためのプロモーション動画なら、自社らしい雰囲気を動画で表現し共感してもらうのが効果的でしょう。こういった動画を作成する場合、「どんなメッセージを選び、どのように伝えればどの層にはまるのか」といった点をシミュレーションすることが重要です。

ほかにも、製品の宣伝を行うなら「製品の良さをどのように伝えるのか」、「アピールポイントを一点に絞るのか全体のスペックの高さを強調するのか」、「競合との差をどう表現するのか」などの思索が必要です。
このようにプロモーション動画作成の目的によって考えるポイントが異なりますので、目的を具体的に設定し、関係者間で共有しておくようにしましょう。

商品、サービスを理解する

プロモーション動画作成者の商品やサービス内容への理解が浅いと訴求性の低い動画が完成してしまう恐れがあります。
そのためプロモーション動画作成者は、実際に商品やサービスを利用・体験したうえで動画作成に取りかかることをおすすめします。製品を深く理解することで、ユーザーに「どうアピールをすれば響くのか」が実感でき、ユーザーに魅力を伝えやすくなるでしょう。

ターゲットを明確にし、理解する

製品のターゲットを明確にすることも、プロモーション動画作成において大切な点です。作成に関わる全員がターゲットを理解することで「共感を得やすいプロモーション動画がどのようなテイストか」がイメージしやすくなります。

極端な例ですが、小・中学生向け商品のプロモーション動画に重厚感があるビジネスパーソン向けのテイストを起用した場合、本来のターゲットと動画内容に齟齬が生じ訴求効果が下がってしまう可能性が高くなります。誰に向けて発信する動画なのかを常に意識するようにしましょう。

ストーリーテリングを意識する

プロモーション動画によっては、ストーリー性が重要になるケースもあります。
とくに製造工程や企業紹介といった新規顧客の興味をひきにくいとされているプロモーション動画では、「結末はどうなるのだろう」と興味をひくストーリー構成が効果的です。
ストーリー性をもたせることで、新規のユーザーも「結末はどうなるのだろう」と興味をもち、最後まで視聴する可能性が高くなる傾向があります。

加えて、印象に残るストーリーは製品や企業への共感と好感を与えやすいという効果があります。その結果、潜在顧客が見込み客へと変化し、売り上げ向上や認知拡大につながると考えられます。

どんなシチュエーションで動画を使用するのかを考える

動画を公開する場所は一か所だけとは限らず、自社サイトの掲載以外にもSNSや展示会、動画サイトへの出稿などさまざまケースが考えられます。
シチュエーションによって適した音声の大きさやテロップのサイズ、動画の長さや画質などが異なります。そのためユーザーにとって見やすく内容が伝わりやすい方法を、動画掲載のプラットフォームごとに考えることが大切です。

加えて動画掲載の媒体によっては、最初の数秒が重要になります。たとえば一部のYouTubeの広告動画では、最初の5秒で「広告をスキップ」の文字が出るものもあります。スキップされることを前提に5秒の間に重要な情報を伝えるのか、もしくはスキップされないように前半でユーザーをひきつける内容にするのかなど、検討が必要です。

プロモーション動画のメリット

プロモーション動画の大きなメリットは、「テキストよりも製品や自社の良さを短い時間で伝えやすい」という点です。
たとえばプロモーション用としてサイトに紹介テキストを掲載しても、文章だけではユーザーにイメージが伝わりにくい可能性があります。イメージを伝えようと長い文章を書けばユーザーは読むのを負担に思い、魅力を感じる前に離れてしまうケースもあるでしょう。

プロモーション動画では映像や音で表現するため、短い時間であってもイメージをしてもらいやすくなります。さらにテキストよりも心理的ハードルが下がるといわれており、潜在顧客の獲得も期待できます。さらに、文章よりも記憶に残りやすいと考えられていることから、自社や製品ブランディングに大きく貢献することが期待できます。

プロモーション動画のデメリット

一方でプロモーション動画のデメリットとして、「作成に時間がかかる」という点があげられます。
とくにプロモーション動画の作成には、ロケや有名人・著名人の協力が必要な場合もあります。スケジュール調整やアポ取りなど実際にカメラを回すまでの下準備に時間を有するため、自社制作では限界を感じてしまうことも・・・。

プロモーション動画作成のデメリットを払拭するには、プロへの依頼がおすすめです。自社制作でかかる時間を削減できるうえに、経験豊富なプロによるレベルの高い作品を完成させることができます。予算に不安のある場合は、一度制作会社に見積もり依頼や相談をしてみることをおすすめします。

プロモーション動画は企画が大切

プロモーション動画作成においては、カメラが回ってから問題が発生するケースも少なくありません。しかし一度動いたプロジェクトを大幅に変更することは、コスト的にも時間的にも痛手だといえるでしょう。
プロモーション動画作成で失敗しないためにも、企画の段階でゴールを見据えた細かい設定を行うことが大切です。少なくとも動画作成の目的とペルソナ、動画掲載媒体は明確にしておくことをおすすめします。

GAのプロモーション動画事例

当社は、これまでに数多くのプロモーション動画制作に携わってきました。
一部ではありますが、よろしければ動画の制作実績をご覧ください。
参考URL:https://www.generalasahi.co.jp/cd/movie/works/

まとめ

プロモーション動画は、企業や製品の魅力をわかりやすく伝えるのに効果的です。しかし作成目的やペルソナがはっきりしていなければ、想像していた成果が得られない可能性もあります。企画段階で動画作成のゴールを明確にしておき、そのために必要な手順を細かく設定しておきましょう。

プロに動画作成を依頼する場合、経験豊富な会社であれば自社や製品イメージに近いプロモーション動画の作成事例も見つかりやすいと思います。
気になる会社があれば、まずは予算や「イメージする動画の作成が可能か」を相談してみることをおすすめします。

Contact

ご相談はカンタン。
「だれに」「何を伝えて」
「どう感じて」「どう動いて」ほしいか?
を教えてください。