COLUMNコラム

VR工場見学とは?メリットや活用シーン、制作のポイントを解説

VR工場見学は、VR技術を用いてリアルな工場見学を擬似体験できる魅力的なコンテンツです。いつでもどこでも体験でき、幅広いシーンで活用できます。今回は、VR工場見学を導入したい方に向けて、メリットや活用シーン、制作時のポイントを事例とともに解説します。

VR工場見学とは?

VR工場見学は、VR技術を活用し、実際に工場を訪れなくてもリアルに工場見学をしている気分を味わえるものです。

360度カメラで工場を撮影し、実写データをVR化してコンテンツを制作する場合や、3DCGを用いてコンテンツを制作する場合など、いくつかの制作方法があります。いずれも、工場や機械の様子を360度好きなように動いて見学でき、実際に工場を見学しているかのような擬似体験を提供できるのがポイントです。

VR工場見学を導入するメリット

VR工場見学には、時間や場所にとらわれず工場見学を実施したり、CGを使用した効果的な演出ができたりなど、現地で実施する従来の工場見学にはないさまざまなメリットがあります。VRならではのメリットを理解して、多くの方に楽しんでもらえる工場見学コンテンツを実現しましょう。

時間や場所にとらわれず工場見学を楽しんでもらえる

VR工場見学は、インターネット環境と必要な機器があれば24時間365日、どこからでも工場見学を楽しめます。現地で実施する従来の工場見学は、見学できる日時や人数に制限があり、遠方に住んでいる方は参加しにくいのが難点でした。

VR工場見学ならば、時間や場所にとらわれずに工場見学を楽しんでもらえるため、より多くの参加者を集められます。

また参加者は時間を気にせず、いつでも好きなように見学できるのもメリットです。

工場内での危険性や衛生面のリスクがない

VR工場見学では、危険性や衛生面のリスクがないのも特長です。

工場見学には、ある程度の危険性や衛生面のリスクがあります。特に食品工場の場合は、衛生管理を徹底しなければならず、多くの配慮が必要です。

しかし、VR工場見学ならば危険性や衛生面のリスクがありません。また企業秘密に関わる公開したくない部分については編集で消去や非表示にできるため、VR工場見学の方が機密性が高いのもポイントです。このように運営の負担が少なく、多くの人に安全かつ気軽に参加してもらえます。

CGなどを使用した効果的な演出ができる

VR工場見学は、360度自由に視点を動かせるため、まるで工場にいるかのような感覚で隅々まで見学できます。

さらに、バーチャルだからこその効果的な演出ができるのもメリットです。CGの使用や編集が可能なため、実際には入れない機械の内部の動画を3DCGで制作して紹介できたりします。他にも、製品のECサイトへのリンクを掲載したり、別の動画を埋め込んだりなど、目的やターゲットにあわせた自由な表現や演出が可能になります。

人件費などのコストの削減ができる

現地で実施する工場見学では、受付やツアーガイド、安全管理者などの人件費がかかります。しかしVR工場見学ならば、そのような人件費はかかりません。見学のたびに機械を稼働させる必要もないため、コストを削減できるのがメリットです。

またコンテンツの制作費はかかるものの、一度コンテンツを制作すれば何度も繰り返し利用できます。

このように、さまざまなコストを抑えて工場見学を実施できるのが特長です。

VR工場見学の活用シーン

VR工場見学は、視聴者にコンテンツとして楽しんでもらえるだけではなく、営業や採用、広報など幅広いシーンで活用できる汎用性の高さが魅力です。

ここでは、VR工場見学の活用シーンについて解説します。

商談などの営業活動で信頼性や技術力を伝える

VR工場見学は、営業活動に活用できます。製品が作られる過程や設備の特徴などを、顧客に効果的に伝えられます。

オンラインでの営業活動が一般的となっている現状では、自社製品の信頼性や技術力を、顧客に上手に伝えられないという課題を抱えている方は多いでしょう。

VR工場見学を営業活動に用いることで、対面営業の時と同様に、工場内の様子や自社のアピールポイントを具体的に説明できます。

採用活動にて工場説明が可能

VR工場見学は、採用活動にも活用できます。求職者にとって希望する就職先の職場環境は、就職活動において大きな判断材料の一つです。

VR工場見学ならば、実際に工場を訪れなくても工場の様子を見学できるため、工場の環境や雰囲気などを多くの求職者に説明できます。リアルな職場環境を理解してもらうことで、入社後のミスマッチの減少につながるのもポイントです。

広報活動を含めた工場見学で特色を伝える

VR工場見学のコンテンツを積極的に発信することで、自社製品の品質や技術、会社について知ってもらえます。VRで楽しく知るコンテンツは、その目新しさから視聴者を惹きつける可能性が高いです。

VR工場見学の動画をWebサイトに埋め込んだり、SNSで発信したりすれば、多くの人に自社の特色を効果的に伝えられます。

社内の人材育成・研修で社員教育強化に有効

VR工場見学は、社員教育のコンテンツとしても活用できます。研修的内容ならば、作業の手順や注意事項を何回も確認でき、いつでもどこでも習得できるのが特長です。もしも研修中に失敗しても、実際の製造現場には一切影響はありません。

さらに、労働災害が起こりうるシチュエーションやその恐ろしさをリアルに擬似体験できる内容であれば、安全教育を効果的に実施できます。

外部でのイベントや展示会での企業アピールが可能

外部でのイベントや展示会では、VR工場見学を用いて企業アピールが可能です。最近ではESG(環境・社会・ガバナンス)に注目が集まっており、環境問題や社会に配慮した企業活動の推進が求められています。

VRコンテンツを使えば、二酸化炭素の排出を抑えた生産工程や廃棄物を減らす施策など、ESGの取り組みを多くの方に直感的に説明でき、企業アピールにもつながるのです。

動画の撮影前に注意するポイント

VR工場見学用に工場を撮影する際は、撮影スケジュールや撮影場所に注意が必要です。また、ターゲットや目的がブレると、コンテンツを制作する意義が薄れてしまうため、「なぜVR工場見学を制作するのか」「誰に見てほしいのか」という点を意識しましょう。

以下では、動画の撮影前に注意するポイントを3つ紹介します。

工場の稼働時間を考慮した撮影スケジュールを立てる

撮影スケジュールを立てる際は、工場の稼働時間を考慮しなければなりません。360度の映像を撮影する場合、稼働している機械や作業している従業員など、工場内のすべてが映り込みます。

例えば、ある機械をピックアップして紹介したいにもかかわらず、別の大型機械やフォークリフトが動き回っていれば、見ている方は集中できません。伝えたいポイントを効果的に伝えられなくなり、コンテンツの質が下がってしまいます。

撮影の内容に合わせ、工場の稼働時間を考慮したスケジュールを立てましょう。

撮影する場所を確認しておく

工場のどの場所を撮影するかについて、入念に確認しておく必要があります。企業秘密の技術や独自仕様の機械、個人情報や取引先の情報が分かってしまうものなどは、公開するとトラブルにつながります。

撮影担当者だけで確認すると、ミスや勘違いが発生する可能性が高くなります。現場の長や工場部門のリーダーなど、関係する社内のメンバー複数人で確認しましょう。

ターゲットに合わせた目的がブレないようにする

ターゲットに刺さる魅力的なコンテンツを制作するためには、ターゲットや動画を制作する目的を意識しなければなりません。同じVR工場見学でも、ターゲットや目的によって制作するべき内容は異なります。

例えば、一般の生活者に向けたVR工場見学と、取引先に設備や技術を紹介するための工場見学では、コンテンツの趣旨が異なります。前者の場合は、平易な言葉で説明したり、好奇心を持ってもらえるようなコンテンツを加えたりする工夫が大切です。一方、後者の場合は、設備や技術、品質管理の方法など、専門的な内容を数値を交えて説明する必要があります。

ターゲットや目的を強く意識し、制作中にブレないようにしましょう。

当社では、会社紹介や製品プロモーションなど、幅広いニーズに対応した動画制作サービスを展開しています。丁寧なヒアリングを通して、ターゲットや目的に沿ったクオリティの高い動画を制作可能です。工場見学用の動画を制作したい方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

https://www.generalasahi.co.jp/cd/movie/contactform/

VR工場見学の事例(食品・製造業)

最後に、食品・製造業におけるVR工場見学の事例をご紹介します。VR工場見学の導入を検討している方は、ぜひ事例を参考にコンテンツを検討してみてください。

飲料・食品メーカーの事例

アサヒビール株式会社は、アサヒスーパードライができるまでの製造工程をビールの目線で体験できるコンテンツを配信しています。設備のすぐ近くにいるかのようなVR映像や、設備の内部に潜入しているかのようなCG映像で、新感覚の工場見学を楽しめるのが魅力です。

カゴメ株式会社は、同社の代表的な商品である野菜ジュースの製造工程を見学できる、バーチャル工場見学を配信しています。トマトやにんじんの収穫シーンから始まり、ジュースがどのように作られているのかを、360度動画でクイズを交えて詳しく見学できるコンテンツです。

参考:スーパードライVR工場見学

参考:KAGOMEバーチャル工場見学

製造業の事例

日立建機株式会社は、一連の製造現場を見学できる360度VRファクトリーツアーを公開しています。見たい工程ごとに見学でき、重要なポイントをクリックすると、詳細な紹介動画が流れる仕組みです。

鋳造やプラントエンジニアリングなどを手がける株式会社コダマも、プラント工場や鋳造工場、ブラスト工場、溶射工場を見学できる、360度VR工場見学を提供しています。機械の名前やサイズ、作業工程などを記載し、分かりやすく工夫されているのがポイントです。

参考:迫力の製造現場を体感!「日立建機のファクトリーツアーへようこそ」

参考:VR工場見学|株式会社コダマ

まとめ

今回は、VR工場見学について、導入メリットや活用シーン、動画撮影時の注意点や事例を紹介しました。

時間や場所を問わずに工場見学を楽しめるVR工場見学は、営業や採用、広報、社員教育など、さまざまなシーンで活躍します。一度質の高いコンテンツを制作できれば、繰り返し活用できるのが魅力です。

事例を参考にしながら、効果的なコンテンツを制作してみてください。

https://www.generalasahi.co.jp/cd/movie/contactform/

CONTACTお問い合わせ

   

まずはお気軽にご相談ください。

お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ